不動産の売買において、住居の買い替え、新しい物件の購入時期は重要なポイントです。転勤等で次期が決まっている場合は時期を意識する必要がありますし、予算制限がある場合は購入価格を重視する必要があります。

新居の購入費用の確保等の理由で売却と購入を同時に進行する必要がある場合は、売り買い両方同時に交渉を進めなければならないため、交渉が難しくなる場合があります。時期、価格、適宜相手の要望を考慮して必要な時期になるべく希望に近い価格での契約を目指すことになります。

新居の購入までに余裕があり、売却を優先することが可能であれば、売却物件の価格を先に決めてから新居を探すことになります。この場合は、売却価格がはっきりすることで予算のめどが立つため、資金繰りがしやすくなります。ただし、売却が先行することで、新居の入居時期に合わせて引き渡し時期の調整が必要にある場合があります。場合によっては一時的に賃貸で生活する必要がある場合も想定されます。

先に新居を購入する場合は、住み替えの心配が無いため余裕をもって物件を探せます。ただし、新居の購入に住居の売却代金を想定する場合は、売却価格が不明のためある程度余裕を観ないと資金がショートするリスクがあります。

Pocket